示談と慰謝料

交通事故の場合には、示談とは交通事故による事故処理の終わりを意味しているもので、交通事故の場合に被害者と加害者の構図が出来ている場合において、被害者と加害者の双方が納得のうえに、交通事故に関する事故処理の全てが完済したと認められる場合に行われる契約というものです。つまり、原則的に全ての処理終了している必要があり、外傷などの怪我を負っている場合には、この怪我が完治してから行われるのが普通と言えるでしょう。通常は示談が済む事により、被害者と加害者の間には接点は無くなり、基本的に事故処理は完結されます。

しかし、示談と示談金とでは、話が少し違う意味を持つものになってくるのです。交通事故の加害者は、被害者に対してすべての保証を行う義務が生じます。これは、交通事故のせいで怪我を負ってしまった場合に、入院費や入院に関わるすべての費用なども当然含まれるもので、手術料や通院費に治療費や交通費などもこれにあたります。

また、それに伴って、仕事が出来ない期間の損失なども、補てんしなければならないという義務も生じてきます。このとき、加害者が任意保険に入っている場合は、相手側の保険会社との交渉になりますが、慰謝料は加害者との間では、その過失度の比率によって慰謝料の内容も変化していきます。つまり示談金は、慰謝料も含めた治療費全般の事を意味しており、この示談金がすべて支払わなければ、示談が成立しない事になる訳です。