交通事故被害者と示談

交通事故が発生した場合に、加害者側と被害者側の立場を明確にするために、双方の保険会社が交通事故調査を行います。保険会社は自分の被保険者に対して、有利に運べるように仕事を進めていきますが、警察が介入している場合には、この警察の事故報告書が決め手となりますので、ほとんどの場合はこの報告書に沿って、加害者側と被害者側に過失度の比率が示される事になり、この比率によって双方の保険金会社の、補てんを行う保険金の支払い額が決められると言うわけです。

また、交通事故の場合は、ほとんどが加害者が過失100%となる事は少なく、車同士の場合では安全な場所に駐車してある車にぶつかったりしない限りは、加害者と被害者の過失の比率が、10:0になったりはしないという特徴があります。極論で言えば少しでも動いていれば、被害者にも過失が負わされる可能性があると言うわけなのです。

また、保険金会社は、慰謝料を余り払いたがらないという特徴があります。慰謝料は、被害者の身体的苦痛や精神的苦痛という目に見えないものの為、わかりにくいという事もありますが、ほとんどの場合は保険会社の言う通りに書面が交わされ、示談への道を歩む事になります。