示談を上手く進める

交通事故の場合には、よほど軽度の事故で無い限り、保険会社の進める通りに示談へ応じるのは考え物です。特に入院などの、長期にわかる怪我などを負った場合には、弁護士の採用を検討される事をお勧めします。保険会社はあくまでも会社ですので、利益を度外視するような事は行いません。

また、加害者側と被害者側双方の保険会社にも同じ事が言えるでしょう。弁護士採用に関して一番重要性があるのが、入院費や治療代の関連する費用よりも、慰謝料の支払いで被害者が不満を持つ場合が多いので、タイミングとしては治療が全て終わる事がベストでしょう。怪我の治療代請求や、治療のために仕事が出来ずに請求する休業補償などは、全て会社や病院などで資料や書類が手に入り、個人でも手続きできますので、問題が起きる事はほとんどの場合ありません。

しかし、慰謝料の場合は目に見えない金額の為に、出し渋りが必ず起きるのです。こうした場合、個人で保険会社と話し合っても、たいていの場合は話が通る事はありません。しかし、弁護士には相手が強い権力であっても、それを跳ね返すほどの法的力を持っており、被害者にとっても保険会社との対応が無くなりますので、強い味方になってくれる事でしょう。

参考サイト:事故発生~示談交渉まで〔交通事故被害者救済サイト〕